院長紹介

ごあいさつ

まの心血管クリニック 院長
眞野 勇記

 私が医師として働き始めたのが2002年の4月からです。それから20年の研鑽を経て、この度生まれ故郷の沼津に心臓・血管疾患を中心としたクリニックを開院する運びとなりました。これまでの20年間の前半は一般外科医として、後半は専門性を突き詰めて血管外科医として5つの総合病院に勤務してきました。
 皆様は血管外科という診療科にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
 「血管の外科というからには、血管の手術をするのが仕事なのだ。」というのは間違ったイメージではありません。実際に、当クリニックでも日帰りでできるような手術治療は対応可能となっています。
 しかし血管外科は外科としての役割ばかりではありません。実際の現場では血管外科医が、血管疾患に対する内科的な投薬による治療や、長期的な経過観察なども含めて、そのすべてを受け持っています。その証拠に、世の中に病院はたくさんありますが、「血管内科」という科はまず見当たりません。これは血管外科が実質的に「血管外科&内科」であるということなのです。
 そして血管は身体を網羅する臓器であり、非常に多くの分野と関連を持っています。例えば、日本人の死因としていまだに高い順位となる心筋梗塞・狭心症や、脳卒中・脳梗塞は血管の病気でもありますし、生活習慣病の糖尿病や高血圧は動脈硬化という血管の病態と深い関連性があります。実のところ、その言葉のイメージからすれば意外なほどに、血管外科は「身近な」診療科なのです。
 私がこれまでに培った血管外科医の知見と経験が、地域の皆様に還元できることは、決して少なくないと確信しております。当クリニックが、皆様の「身近な」存在となり、健康的な日常生活をおくる一助となればこれにまさる喜びはありません。

経 歴

沼津東高等学校卒業
浜松医科大学 医学部医学科卒業
浜松医学大学医学部附属病院
県立総合病院

公立森町病院
磐田市立総合病院
聖隷沼津病院

お電話でのご予約はコチラ

Wedでのご予約はコチラ