熱中症に注意しましょう

今年も夏が来ましたね。そこで気を付けたいのが熱中症です!

 

熱中症は、周りの温度に体が対応することができず、体温の調節機能がうまく働かないことが原因で起こります。

気温が高い場合だけでなく、湿度が高い場合や風が弱い、日差しが強いなどの環境でも起こりやすくなります。

急に暑くなる7月から8月に発生しやすいです。

 

特に、小さい子ども、高齢者、体調不良の方、肥満の方、普段から運動をしていない方は、体温がうまく調整できず熱中症になりやすいため注意が必要です。

 

熱中症予防のポイントをいくつか簡単にお伝えします。

  • エアコンの使用について

エアコンや扇風機を使用し、温度を調整するようにしましょう。

しかし、家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。新型コロナウイルスの対策もしていかなければならないため、こまめに換気も行いましょう。

 

  • 涼しい場所への移動

外出時は、暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。

涼しい服装を心がけ、外に出る際は帽子や日傘を活用しましょう。

 

  • 日頃の健康管理について

暑さに備え、無理のない範囲で適度に運動(「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度)をしましょう。

こまめに水分補給も行いましょう。

また、定時の体温測定と健康チェックを行いましょう。

 

【厚生労働省】熱中症の症状、予防法、対処法等についてのリーフレット

 

 

  • 人のいないところではマスクを外す

マスク内は高温、多湿になりやすいです。

人との距離(2m以上を目安)が確保でき、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

特に屋外での運動時には熱中症のリスクが高まるため、マスクを外すようにしましょう。

 

【厚生労働省】熱中症×コロナ感染防止リーフレット

 

 

 

熱中症についてより詳しく知りたい方は、厚生労働省のホームページも参考にしてみてください。

【厚生労働省】熱中症予防のための情報・資料サイト

 

 

 

前の記事

夏季休診のお知らせ